相続・遺言書セミナー

セミナーの様子
セミナーの様子

先日、ある会社様にて高齢者を対象とした相続・遺言書セミナーを開催させて頂きました。

当日は10名の方の参加を頂き、相続とは何か、遺言書とは何かを講演させて頂きました。

 

約40分間の話ではありましたが、最近の切実な問題というか、マスコミ各社でもよく取り上げられている

話題なので、皆様かなり関心を持って聞いて頂けた様子でした。

 

セミナーの内容としましては、

 

1.基本的な相続の仕組み

  相続が発生した時の法定相続人の考え方、法定相続分の考え方 等

 

2.相続税の仕組み

  どういった場合に相続税がかかるようになるのか。

  平成27年1月からの相続税法の改正で何がどのように変わるのか 等

 

3.遺言書について

  遺言書とは。なぜ遺言書を作るのか 等

 

4.遺言書を作る事のメリット

  遺言書を作る事によって争族を避ける 等

  

セミナーを終えての感想は、皆さん相続の事は頭にはあるけど、今すぐの問題ではないし、面倒そうだから等の理由で

問題の先延ばしをされている印象でした。

しかし、このセミナーを聞いて今からしっかりと準備をしておかなければならないという意識になり、

数名の方からご相談を頂きました。

 

相続される資産というのは、本来は遺される方達の幸せを願って遺される物だと私は思います。

しかし、被相続人(財産を遺す方)の準備が不十分だったり、しっかりした意思表示が無かった為に、

幸せになるはずの財産が親族間での争いの種になったりします。

※この事を皮肉って争族なんて言ったりしますよね

 

悲しいことですが、世の中にはたった少しの財産でも親族の間で争いになり、

親族同士の付き合いが断絶してしまった等の話もあります。

そういった争いを避ける為にも遺言書を遺すというのはとても大事な事だと私は思います。

まだまだ先の事だからと楽観視するのではなく、何が起こるか分からない世の中で、

しっかりと家族、親族の事を考えて準備をしておくのも人としての心というものではないでしょうか。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sextelefon (水曜日, 01 11月 2017 00:24)

    podfarbować

  • #2

    sex tel (金曜日, 03 11月 2017 20:47)

    kaszel